「どこへ行くのも自転車で足痩せを心掛けている」実はそれダメ!

[toc]

自転車の立ち漕ぎは足を太くする?!

自転車を利用する人は、最近のブームに加え、多彩な広がりを見せています。
もちろん、健康意識の高まりやダイエットなどに利用する人も多いですよね。

ただ、この自転車、漕ぎ方に気を付けないととんでもないことになってしまうかもしれません。
というのも、普段の生活の中で乗る自転車は、無酸素運動になりがちだからです。

スポーツジムのエアロバイクは、軽い負荷でスピーディーに漕ぐため、有酸素運動になり脂肪の燃焼を促します。
ところが無酸素運動になると、痩せる前に、脂肪が燃焼されず、筋肉だけを育ててしまうことになるからです。

無酸素運動になる漕ぎ方は、坂道でやりがちな立ち漕ぎです。
要するに力を込めた漕ぎ方は、筋肉を太くしがちです。

足痩せのためには、坂道では自転車から降りて

自転車で筋肉をつけないコツは、できるだけギアを軽くして漕ぐことです。
筋肉にかかる負荷をなるべくなくし、有酸素運動を心がけましょう。

また、ペダルは、つま先ではなくかかとで漕ぐことを意識してください。
つま先で漕ぐと太腿の筋肉ばかりに負荷がかかりますが、かかとで漕ぐことでお尻の筋肉に負荷がかかり、ヒップアップ効果が期待できます。

全身のダイエットには、サドルを両足のつま先が少しだけ地面につく高さにすると、前傾姿勢になり、足だけでなく腹筋や二の腕にも負荷が分散されるので効果的です。

一定のスピードを保って

「運動の負荷を強くすれば痩せる」と考えて全力で漕ぐと、筋肉を太くしてしまい痩せられません。
最初から最後まで、無理のないスピードを維持して漕ぎましょう。