「ダイエットのために食事制限している」実はそれダメ!

[toc]

摂取カロリーを減らすと太る?

食べなければ太らないと食事制限でダイエットを行っている人はいませんか?

実は、摂取カロリーを減らすダイエットは痩せるどころか太る原因になります。
さらに実年齢+5~10歳の老け顔にもなってしまうかもしれません。

この摂取カロリーを減らすダイエットは、最初はガクンと体重が落ちます。
でもそのあと、必ず落ちなくなってしまいます。

その原因は、脂肪と同時に筋肉も痩せてしまうことにあります。
すると基礎代謝が落ちてしまい、少ししか食べていないのに太る、という悪夢のような体質になってしまうのです。

さらに食事制限は、脳がストレスホルモンを大量分泌させます。
ドカ食い衝動が起こり、脂肪が蓄積しやすくなるなど、どんどん肥満体質に導かれていくことでしょう。

魅力的どころか、老け顔になる

痩せたら、今より魅力的にみえる!と考えている人も多いでしょう。
ですが、食べないダイエットは、筋肉が落ち、シワが増えてげっそり、肌も髪もカサカサになるので、魅力的どころか実年齢よりも老けてみられるようになります。
ホルモンバランスも乱れるため、女性は婦人科系の病気になる可能性も高くなってしまいます。

大人になったら、痩せている方が魅力的だというのは間違いです。
少々ぽっちゃりでも、ハツラツとした潤いのあるボディの持ち主こそ、美しく魅力的に見えると思いませんか?

摂取カロリーを減らすと太る理由は

摂取カロリーを減らすと、脂肪と同時に筋肉が痩せると同時に、脳がストレスホルモンを分泌させ「飢餓状態」と認識します。
そうすると基礎代謝が落ちて、防衛本能が働き脂肪が蓄積しやすくなります。
そのため、痩せにくく太りやすい体質になるのです!