「パソコンにゲーム インドア派なので日焼けの心配なし」実はそれダメ!

スマホを使うとシミだらけになる?

外出するときは、日焼け止めや日傘で紫外線対策を万全にしているのに、なぜかシミやシワができてしまう。という人は「スマホ焼け」が疑われます。
じつは、紫外線だけでなく、スマホやパソコンの光でも肌シミができてしまうことがわかったのです。

その原因はスマホやパソコンが発する「ブルーライト」にあります。
ブルーライトとは、人の目で見ることのできる可視光線のひとつで、紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)に続き、第三の紫外線とも呼ばれている紫外線に最も近い光のことです。
なかでも、使用時間が長く、顔に近づけて使うスマホは、ダイレクトに顔の肌に影響を与え、スマホ焼けとも言われるシミをつくりだします。
ダメージを与え続ければ、しわやくすみなど肌老化を加速させることにも繋がります。

ブルーライトから肌を守ろう

ブルーライトは、普通の日焼け止めではカットすることができません。
専用の対策をする必要があります。

たとえば、ディスプレイの明るさをなるべく下げる、ブルーライト対策眼鏡やパソコンやスマホの液晶画面に対策フィルムを貼るなどです。
最近では、ブルーライトをカットする日焼け止めクリームも販売されていますので、肌に合うようであれば利用してもいいでしょう。
就寝前にベッドで何時間もスマホを見ているだけでシミができてしまうなんて、絶対に避けたいですね。
是非、紫外線ケアと同時に、ブルーライトケアも徹底して、若々しい美肌を保つようにしてください。

ルテインで有害な光をブロック

かぼちゃやブロッコリー、ニンジン、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれているルテインには、有害なブルーライトから目や肌の健康を守る効果があります。