「マヨネーズがどの調味料よりも好き!」実はそれダメ!

マーガリン、マヨネーズが少子化に拍車をかける!

健康意識の高い皆さんは、すでにご存知かもしれませんが、米食品医薬品局では、2018年6月から「トランス脂肪酸」に含まれる一部の油脂(マーガリン、ショートニングなどに含まれる部分水素添加油脂)の食品への使用を禁止します。
また、ヨーロッパでは以前からマーガリンの使用を禁止、使用制限する国が多く、カナダ、韓国でも食品への表示が義務付けられています。

ところが日本の規制といえば、その使用量が少ないという理由でほとんど野放しと言っていい状態です。

トランス脂肪酸は、動脈硬化、心筋梗塞、認知症誘発、がん、糖尿病のリスク増大、アレルギー、アトピー、不妊などを引き起こすと言われ、世界の研究機関から警告が発せられているにもかかわらずです。

トランス脂肪酸の表示、使用について野放しの日本

トランス脂肪酸は、植物由来の油を加工してマーガリンやショートニング、それらを使用したパン、クッキー、スナック菓子、揚げ物、マヨネーズなどに含まれているのもです。
今の若い女性や男性がトランス脂肪酸を使った食品をどれだけ好んで摂っているか。

下記の表でもわかるように各国の規制は厳しいものになっています。
そろそろ日本の政府も、がんや生活習慣病、不妊が増えて、ますます人口が減ってしまわぬよう本腰を入れて規制を考えてほしいものです。

トランス脂肪酸の含有量を規制している国

(国・地域によって表示義務を含む)

デンマーク 100g中、2g未満
スイス 100g中、2g未満
オーストリア 100g中、2g未満
カナダ 1食中/0.2g未満
シンガポール 包装容器入り食用油脂中/2%未満
アメリカ 1人前中/0.5g未満

日本は現在、トランス脂肪酸の含有量を規制していない。
(※農林水産省「トランス脂肪酸に関する各国・地域の取り組み」より)