「便秘がいやなので毎日根菜類は欠かさない」実はそれダメ!

食物繊維の摂りすぎで便秘に?

便秘改善や腸内細菌の改善のために食物繊維の多い野菜や青汁などを多く摂っているはずなのに、なぜか便秘が治らないという人がいます。

それは、食物繊維の摂り方を間違えているのかもしれません。
食物繊維は、主に野菜類に含まれている体内で消化されない成分のことで”水溶性”と”不溶性”の2種類があります。
水溶性食物繊維は、主に海藻類やキノコ類に多く含まれ、ヌルヌル、ネバネバとして保水性が高いのが特徴です。
糖分の吸収をおだやかにして、毒素をからめとりながら排出してくれる効果があります。

一方、不溶性食物繊維は、主に野菜や豆類に多く含まれ、水に溶けにくい繊維質が特徴です。
水分を保持し、便のかさを増して腸のぜん動運動を促す作用があります。

問題は、この不溶性食物繊維にあります。
摂りすぎると便が硬くなり、便秘になってしまいます。
おまけに、腹痛や胃痛、腸にガスが溜まるなどの不快な症状を引き起こす恐れもあるのです。

1対2の割合で摂ることが大切

大切なのはバランスです。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維は1対2の割合で摂るようにしてください。
食物繊維と聞くと野菜を多く食べよう、と思いがちですが、葉野菜などは不溶性のものが多いです。
コンビニでサラダを買うときは、わかめ入りなどの海藻サラダにするなど、意識的に水溶性食物繊維を摂ることが大切になります。

食物繊維が豊富な食材

水溶性食物繊維

  • オクラ
  • 海藻類
  • こんにゃく
  • やまいも
  • ごぼう
  • 納豆

不溶性食物繊維

  • ゴボウ
  • たけのこ
  • 菜の花
  • トウモロコシ
  • アボカド
  • いんげん豆
  • ひよこ豆
  • いも類
  • きのこ類