「健康長寿のためにBMI20以下を目指している」実はそれダメ!

痩せすぎは早死にする?

メタボに対する関心が高まった結果「太っていると健康長寿でいられない!」という思い込みを多くの人が持ち、体重過多を気にするようになりました。これは間違いではないのですが、「やせなきゃだめ!」、「痩せていないと病気になる!」と、過剰な体重制限をする人が増えてしまうのは困りものです。

なにがなんでも、痩せればいいというわけではありません。
実は、健康長寿でいられる体型は「太り気味」なんです!

2009年、東北大学の研究チームが宮城県内の40歳~79歳の男女約4万5000人を調査し、体型と余命の関係を調べた結果を公表しました。
するとBMI値が25~30の小太り体型の人が一番長生きできたのです。

この調査と同時期に厚生労働省研究班が約5万人を対象に調査を行った結果でも体型と余命の関係は同様でした。

痩せていると長生きできない!

これら2つの調査結果は男女とも「太り気味」が最も長命でした。
そして「普通」「肥満」「やせ」の順で続きました。
なんと、痩せている人は肥満の人よりも平均寿命が短いというのです。
痩せている人は小太りの人に比べて疲れやすく、免疫力が弱いということがわかりました。

健康な細胞膜や各種ホルモン、ビタミンDを作るためには、毛中のコレステロールが不可欠。
過度な脂肪は長生きの役に立ちます。
もちろん、太り過ぎはいけません。
程々の体重を維持したほうがよさそうです。

BMIと40歳からの余命の関係

長生きの順位 BMI 厚生労働省研究班 東北大学研究チーム
1.太り気味 25以上30未満 男性41.64歳、女性48.05歳 男性40.5歳、女性47.0歳
2.普通 18.5以上25未満 男性39.94歳、女性47.97歳 男性38.7歳、女性46.3歳
3.肥満 30以上 男性39.41歳、女性46.02歳 男性37.9歳、女性44.9歳
4.やせ 18.5未満 男性34.54歳、女性41.79歳 男性33.8歳、女性41.1歳