「匂いが気になるので”朝シャン”が習慣」実はそれダメ!

女性に人気の朝シャンはハゲの原因

”朝シャン”といっても、もはや死語だとご指摘を受けるかもしれませんね。
確かに1987年の流行語大賞で話題になった習慣です。
以来、新しいスタイルとして、呼び名はともかく、現在も定着しているようです。
寝癖や寝汗などが気になる人にはいいかもしれません。
女性の2人に1人は行っているという報告もあります。

でも、実は、朝シャンにはメリットがある反面、大きなデメリットもかかえているのです。

まず、夜にシャンプーをしないと、丸1日かけて付着した汚れを頭皮に放置したまま眠ることになります。
すると、抜け毛や臭い、フケの原因になる恐れがあり、新しい髪の成長も妨げてしまうため、どんどん髪が薄くなってしまう可能性を高めます。

また、朝シャンは眠っている間に分泌された皮脂を摂り除くことになります。
頭皮が丸裸になり、紫外線や外気から刺激を直接うけて、頭皮にダメージを与えてしまうのです。
当然これも薄毛促進に繋がります。

夜も朝も洗う場合は?

夜も朝もシャンプーする場合は、頭皮の過乾燥を進めます。
頭皮が乾燥の危険信号を出すため、皮脂分泌が過剰になり、ベタベタのオイリー頭皮になります!
ニキビや炎症、抜け毛の原因になるでしょう。
健やかな髪のために洗髪は夜に行うようにしてくださいね。

薄毛防止はシャンプー法で!

熱いお湯は、髪と頭皮にダメージを与えます。
38度程度のぬるま湯でしましょう。
シャンプー前にココナッツオイルで頭皮マッサージをしましょう。
指の腹で頭皮を揉むようにしてみてください!