「夜眠る前は必ずメールやブログのチェックをしている」実はそれダメ!

[toc]

寝ながらスマホは老眼を加速させ、ときには失明も?

皆さんは、就寝前ベッドなどでスマホを使用することはありませんか?
とくに習慣になっている人はすぐにやめてください!
老眼になりやすく、失明につながる場合もあります。

よく明るいところから急に暗いところへ移動すると、目が一瞬見えなくなることを経験したことはありませんか。
それとは逆に、暗いところから急に明るいところへ出たときも同じようなことが起こります。
これは、人の目が感度を周りの明るさなどによって変化させられる優れた機能によるものです。
暗順応と呼ばれる調節機能です。

眠る前に暗い部屋で小さなスマホの画面を見ているときは、目は明順応、スマホ以外を見る場合は暗順応を起こしています。

ところが、スマホを見ているだけでも、あなたの視野には暗い部分の面積が多くあります。
そのとき人の目は、常に暗順応と明順応をせわしなく繰り返すことになりかねません。
場合によっては、右目は明順応、左目は暗順応などをしていることもあるかもしれません。

目だけでなく、免疫力低下の原因にも

このような目への負担が大きい状態を毎日繰り返すことによって、目の調節機能が衰え、網膜にもダメージを与える可能性があります。
近視や乱視、老眼などの症状を加速度的に悪化させる原因になるのです。
さらに、スマホのブルーライトは、安眠に必要なメラトニンを抑制し、睡眠の質の低下及び体の免疫力を低下させる原因になってしまいます。