「太りたくないのでとにかく砂糖は摂らない」実はそれダメ!

[toc]

ダイエット中に砂糖をやめると太る!

健康やダイエットのために、砂糖を避けている人は多いのではないでしょうか?
中には「太る原因は砂糖にあり!」と完全に砂糖を悪者だと考えている人もいると聞きます。
でも、それは間違いです。

砂糖のカロリーは、1グラムあたりおよそ4キロカロリーです。
コーヒーなどに入れる砂糖スティックは1本、およそ14キロカロリーです。
砂糖スティックを10本消費して、やっとご飯1杯分のカロリー(160キロカロリー)に近くなります。
思ったより低カロリーだと思いませんか?

たしかに、ケーキなどの洋菓子は太る原因になることがあります。
ですが、これはバターや生クリームなどが原因となり引き起こされるものです。
けっして砂糖のせいばかりではないのです。

むしろ砂糖はダイエット中にこそ、積極的に摂取することをおすすめしたい食品です。
なぜならば砂糖は、満腹中枢を刺激する作用があり、空腹感を抑え血糖値を安定させてくれます。
また、ブドウ糖単体と比べると血糖値は上昇しにくいという性質もあります。
間食時に賢く利用すれば、ダイエットの大きな手助けをしてくれるでしょう。

砂糖は脳の栄養供給源でもある

砂糖に含まれるブドウ糖は脳の栄養素になります。
仕事や勉強など脳をフル回転させるためには、砂糖は脳の必要不可欠な栄養源なのです。
砂糖は網の満腹中枢を満足させるとともに、脳の活発な活動のためには欠かせない食品です。

白砂糖よりも黒砂糖を

生成された砂糖は血糖値を急激に上げるため、糖を脂肪に変える作用があるインスリンの大量分泌を招きます。
血糖値の上昇が比較的緩やかな黒砂糖をおすすめします。

白と黒といえば日本人の毛の色もだいたいどちらかになります。
脱毛の場合、光脱毛などは白髪の脱毛はできません。
光脱毛の光は黒いものに反応するからで、白いものには反応しないのです。
脱毛についてはこちらのサイトが参考になります。
http://about-レイビス.com/