「擦り傷・切り傷は治るまでずっと消毒する」実はそれダメ!

擦り傷・切り傷は消毒すると痕が残る?!

皆さんは、ちょっとした擦り傷や浅い切り傷で、液体消毒液や傷口を乾燥させる薬を使っていませんか?
薬局などでは、未だに売っているので仕方ありませんが、やめたほうが傷の治りも早く、傷跡も残りにくくなるでしょう。

擦り傷や浅い切り傷を負うと、黴菌などによる化膿をさけるために消毒をしたくなるのはわかります。

でも、健康な人には自然治癒力が備わっています。
傷口の皮膚から出る浸出液は組織を再生させるために必要な白血球や線維芽細胞、毛細血管を作る血管内皮細胞などの成分がたっぷりと含まれています。
また、皮膚に常在菌として棲んでいる体に無害な菌が傷口を再生させるために働いてくれます。

ですから、消毒液は本来必要ではありません。
使用することで浸出液や菌まで殺菌してしまい、完治が遠のくことになるのです。

消毒はしない、ではどうすればいいのか

まず、傷口を水道水でよく洗ってください。
これは、黴菌を防ぐのではなく傷に着いたゴミなどを洗い流すためです。
消毒はしません。
その後は傷口をラップで覆い、巻いてください。
ラップはご家庭で使うもので構いません。
もし、傷口が傷むようであれば、ワセリンを塗ってからラップを巻くようにしてください。

最近では傷口を乾燥させない「湿潤」に対応した絆創膏もありますので、そちらもおすすめです。