「朝や眠る前に必ずシャワーを浴びている」実はそれダメ!

[toc]

毎日のシャワーは肌荒れやニキビの原因に?!

一日の始まり、または終わりに熱いシャワーを浴びるのはとても気持ちのいいことですね。
もちろん日々の習慣にしている人も多くいらっしゃることでしょう。

でも、その習慣は、あなたが今、悩んでいる肌荒れやニキビの原因になっている可能性が大いにあります。

肌を美しく保つ秘密は、皮膚の表面の細菌群がカギを握っています。
たとえば、表皮ブドウ球菌は、汗を食べて肌に潤いを与え、アクネ菌は皮脂を食べて脂成分を出しツヤを与えてくれます。
これらの細菌は、バランスよく混ざり合うことでクリーム状になり、天然の美容クリームのように肌表面を守ってくれる美肌の味方です。

それなのに、普段気持ちいいと感じている高めの水圧や高めのお湯の温度でシャワーを浴び、ナイロンタオルやスポンジで体をゴシゴシこする行為をしてしまいます。

これでは、せっかくの天然美容クリームをわざわざこすり落としてしまうことになってしまいます。
洗いすぎは、乾燥肌や敏感肌、黒ずみなどの肌トラブルの原因になり、感染症の恐れも高まります。

石鹸、ボディソープは毎日使わない

体の汚れは、手のひらを使って優しくなで洗いするだけで落とすことができます。
デリケートゾーンやワキ、背中上部や耳の裏など皮脂が多い部分をのぞいては、石鹸やボディソープも毎日使う必要などありません。
2、3日に1回よく泡立てて、なでるように全身を洗うだけで十分です。

シャンプーは控えて

頭皮の汚れもお湯だけで大部分を洗い流すことができます。
シャンプーやリンスを使いすぎると、頭皮がボロボロになる恐れがあります!
シャンプーは2日か3日に1回で十分です。