「朝食はフルーツをたっぷり食べている」実はそれダメ!

[toc]

フルーツは色黒の原因に?!

美容や美肌のために、日常的にフルーツや野菜を食べている人はとても多いですね。
でも、この行為は、肌荒れや日焼けを促進させてしまう可能性があります。

その原因は、フルーツや野菜に含まれるソラレンという物質にあるのです。
ソラレンは光に反応する物質で、摂取することで紫外線に対して感受性が高まり、肌にかゆみや赤み、色素沈着を引き起こし、日焼けやシミそばかすになる可能性を高めてしまいます。
ソラレンは、レモン、グレープフルーツ、オレンジ、キウイ、イチジクなどの果物類やセロリ、パセリ、きゅうり、大葉、ジャガイモなどの野菜類に多く含まれています。

これらソラレンを含む食品を食べると、2時間ほどで体内に吸収され、その後7~8時間効果を発揮し続けます。

つまり、朝8時にフルーツを食べると紫外線量が最大値になる10時から夕方5時まで日焼けしやすくなってしまうのです。

きゅうりパックも要注意!

一方、柑橘系フルーツには豊富なビタミンが含まれ抗酸化作用、細胞修復効果などの良い作用がたくさんあります。
ですから、ソラレンの含まれる食品は朝食や昼食を避け、夕食で食べるようにしてみてください。
また、美白のために、きゅうりやレモンを使ったセルフパックケアを行う人も多いと聞きますが、これも朝行うと、その部分だけ日焼けしたり、シミになる可能性があります。
注意が必要です!

要注意、ソラレンを含む果物と野菜

  • みかん
  • オレンジ
  • レモン
  • グレープフルーツ
  • キウイ
  • アセロラ
  • きゅうり
  • セロリ
  • パセリ
  • パクチー
  • イチジク
  • ジャガイモ

天然の日焼け止め成分を含む食べ物

  • トマト
  • サツマイモ
  • ブロッコリー
  • ザクロ
  • マス
  • サバ
  • イワシ
  • ココナッツオイル