「美肌のための15分半身浴が日課だ」実はそれダメ!

[toc]

半身浴は肌荒れを招く?!

半身浴が一般的になってからずいぶんと時間が経っていますが、この半身浴で最近乾燥肌や肌荒れを引き起こしている人が増えているそうです。

それもそのはず、長時間にわたって半身浴を続けていると、肌がふやけてバリア機能が弱まり、肌表面にある天然の保護クリームやセラミドの細胞間脂質が流れ出てしまうのです。

肌を乾燥から守るには、熱すぎない38度から40度の温度の湯に入り5分以内で上がるようにするのが理想的です。
もし5分以上入浴する場合は、入浴後、必ず保湿クリームを全身に塗るようにしましょう。

また、一番湯のさら湯に入るのもおすすめできません。
水道水に含まれる塩素が肌へ悪い刺激をもたらします。
そのような刺激を軽減するためには、入浴剤を入れるのが効果的です。
ビタミンCやグルタミン酸配合に入浴剤がいいでしょう。

入浴中にスマホをみると自律神経が乱れる?

また、防水のスマホが当たり前になると入浴中に使用する人も多いですね。
せっかく脳がリラックス状態になり、副交感神経が優位になっている入浴中にスマホを見てしまうと、今度は交感神経が活発になります。
自律神経が混乱し、乱れてしまいます。
血流や肌のターンオーバーも悪くなるため、くすみや、肌荒れに繋がります。
入浴中はリラックスを心がけることは美肌のためにも大切なことです。