「近ごろ、すっかりキスをしなくなった」実はそれダメ!

キスしなきゃダメ!

世界と比べると日本人のキスの頻度が低いことは、認めざるを得ません。
でもこれ、非常にもったいないことなんです。
キスは、まるで魔法のように私たちに良い効果をもたらしてくれます。

2015年「イグ・ノーベル賞」を受賞した木俣肇博士らの調査によると、キスを30分間行うとアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状が緩和されることが証明されました。
また、別の研究で10秒ほどのフレンチキスで、体内の免疫が活性化することや、長めのキスを3回するだけで痩せる、という驚愕のダイエット効果も報告されています。

さらにキスは、さまざまな病気の原因となるストレスホルモンのコルチゾールを減少させ、幸せホルモンのオキシトシンを分泌させることもアメリカの大学の研究で証明されています。
つまり、キスは愛だけでなく、健康である続けるためにも欠かせない行為でもあったのです。

キスをすると収入も増える?!

カナダの大学の研究によると、出勤前にキスをしてから家を出るカップルは、そうでないカップルにくらべて交通事故にあう確率が低く、寿命は約5年長くなり、収入も25%の高くなっていたというデータが発表されました。
パートナーとの円満で健康、豊かな生活のためにも、日本人だから苦手といわずに、行ってらっしゃいのキスは習慣にした方がよいといえそうですよ。

キスの健康効果

  • β-エンドルフィンを分泌させて精神的な苦痛やストレスを抑える
  • ストレスホルモン、コルチゾールを抑制する
  • 幸せホルモン、オキシトシンを分泌させる
  • 女性ホルモン、エストロゲンを分泌させる
  • ダイエット効果がある
  • 免疫力やアレルギーの耐性が高まる