「風邪を引いたらすぐに薬を飲む」実はそれダメ!

風邪薬を飲むといつまでも治らない?

今年の冬も風邪が猛威を振るっているようですが、みなさんは、風邪を引いたときにどのような治療をしていますか。
風邪を引いたら、取りあえず市販薬を購入して飲まれる方。
また病院に行き風邪の症状を伝え、薬を処方してもらい、飲まれている方などでしょうか。

でも、市販薬や医師に処方してもらう風邪薬はできれば飲まないようにしてください。
もし、そのような行為をすれば、風邪は完治どころか、悪化させてしまう結果になりかねないからです。
風邪の特効薬は存在しません!
市販薬や医師から処方されるものはすべて「風邪の諸症状を一時的にやわらげる効果が見込めるだけの薬」です(市販薬は、咳、発熱、のどの痛み、鼻水など風邪の主な症状を抑える成分が少しずつひとつになったもの。また医師が処方する薬は、症状別になっています)。

風邪の負のスパイラルとは?

これらの薬は、飲むと風邪の症状はしばらく収まるかもしれませんが、またすぐに素の症状は現れます。
そしてまた症状を抑えるだけの薬を飲む。
この負のスパイラルは、風邪を治すどころか、ずっと体内に風邪のウイルスを留め、悪化させりことになりかねません。

なぜならが風邪の症状のひとつである発熱は、私たちの体内で免疫が働き、白血球がウイルスと戦いやすくしているために起こる症状です。
また咳や鼻水、痰はウイルスを体外に排出しようとしているため。
それらは人にもともと備わっている機能なのです。

ですから、これらの行為(症状)を薬によって止めてしまうことは、風邪のウイルスの味方をしていることに他なりません。
その結果、ウイルスは体内に長く留まるということになってしまうのです。

風邪に薬は必要なし

風邪を引いたときは、とにかく暖かくし、部屋の湿度を高めにしてゆっくりと休むのが一番早い治療法です。

ただし、それは正常な免疫機能が働く人であればこそです。
他の病気がある人や衰弱している人は、必ず病院を受診するようにしてください。