「健康のためにジョギングを続けている」実はそれダメ!

ジョギングは老化を加速する

街を歩いているとジョギングをする人とすれ違うことが増えました。
今や日本のランナー人口は1,000万人とも言われています。
でも残念なことに、そのジョギングは老化を促進する可能性があります。

その理由は、まず、屋外でのジョギングの日焼けです。
たとえ日焼け止めを塗っていても汗で流れやすいので、紫外線の影響でシワやシミがつくりだされます。
また、走る振動で、体のお肉が上下運動の後、下へ引っぱられ皮膚のたるみが加速します。
激しい運動は肌老化を促進させ、みための老化がすすみ、バストやヒップの位置も下がり、たるんだボディラインになってしまいます。

さらに、都会で行うジョギングは排気ガスなど汚染された大気を体に吸い込むことで、さらに活性酸素が発生します。
活性酸素は健康な細胞を破壊し、老化のスピードを早める原因物質で、紫外線、汚染された大気、激しい運動によるストレスなどで発生します。
とくに都会でのジョギングはこれらのリスクをすべて満たしているといってもいいでしょう。

スロージョギングのすすめ

ジョギングをするなら、日差しの強くない時間帯に、公園などで行ってください。
また、歩くようなスピードで行うスロージョギングをおすすめします。
隣人と会話できる程度の負荷でゆっくり走りましょう。
これでも、歩くときよりも2倍の運動消費量があり、脳を活性化させる効果は十分あります。

普段から消費エネルギーを上げる

わざわざ運動の時間を設けなくても消費エネルギーは増やせます。
徒歩での移動中は大股で早歩きを心がけましょう。
可能であれば屋内でも早歩きがベストです。

「生野菜がメインの美肌メニューが多い」実はそれダメ!

生野菜ばかりの食事は肌荒れのもと?!

低カロリーで、ビタミンやミネラルが豊富!と、サラダメインの食生活を送っている女性は多いようですね。
たしかに、野菜に含まれるビタミンは、美肌のためにとてもいい働きをしますが、生野菜を使ったサラダばかり食べていると、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

生野菜は、体を冷やします。
体が冷えると全身の血流が悪くなり肌がくすみます。
老廃物もたまりやすくなり、ニキビや肌荒れの原因にもなるのです。

それらを防ぐためには、体を冷やさないように野菜を温めることがまず大切です。
そして美肌のために、体を内側から温め、肌のターンオーバーをあげてくれる肉類を食べるようにしてください。

肌の土台となっているのはタンパク質です。
ハリのある肌に導くコラーゲンやお肌をみずみずしくするヒアルロン酸を増やすためにも、お肉は必要不可欠な食品です。

おすすめは鶏肉

美肌のために、おすすめしたいのは鶏肉です。
鶏肉にはカルノシンという活性酸素を除去する成分が豊富で、体を疲れにくくするとともに、アンチエイジング効果も抜群です。

また、コラーゲンがたくさん含まれている手羽先なども積極的に摂ってほしい部位です。
コラーゲンはビタミンCと一緒に食べると吸収率が高まります。
温野菜と一緒にいただいて効果をアップさせちゃいましょう。

「太りたくないので飲み物はカロリーゼロ派」実はそれダメ!

カロリーゼロ、カロリーオフは太る!

「カロリーゼロ」や「カロリーオフ」の商品をダイエットや健康のために利用している人に、残念なお知らせがあります。
それは、人工甘味料を摂ると、逆に太る可能性を高くしてしまうということです。
人工甘味料は、砂糖の100~700倍、種類によっては1万倍もの甘さがあります。
カロリーは砂糖よりも少なくても、脳がその強烈な甘さに慣れて、強い甘みを求める中毒状態になる恐れがあるのです。
また、膵臓を反応させ、インスリンを分泌させてしまいます。

アメリカの研究では、ダイエット用清涼飲料水を飲むグループと飲まないグループをわけて、体重や内臓脂肪を測定した結果、飲むグループの脂肪だけが増加していることが確認されています。
ほかにも、2014年のイギリス科学誌「nature」が「サッカリンなどの人工甘味料が腸内最近に代謝異常を起こす」と発表。
人工甘味料は胃で吸収はされませんが、腸内細菌に変化を起こし、血糖値を上昇させ、肥満を促進させてしまうことが報告されています。

うつ病の危険さえも

そもそも人工甘味料は、科学的に合成された食品です。
人体にとって異物となるため、摂りすぎれば、代謝する肝臓に負担がかかり、腎臓障害などの恐れも考えられます。

特にカロリーハーフやゼロカロリー食品は、発がん性を高める可能性が指摘されている「増粘多糖類」、「タンパク加水分解物」が含まれていて危険だといえるでしょう。

人工甘味料の種類

名称 ショ糖の甘みとの比較
アスパルテーム 約100~200倍
アセスルファムカリウム 約200倍
スクラロース 約600倍
サッカリン 約200~750倍
ネオテーム 約10,000倍

「少しでも寝ていたいので朝食は食べない」実はそれダメ!

朝食抜きは肥満のもと?!

朝は忙しくて食事が摂れない、食べる時間があるなら寝ていたい、と朝食を抜く人が増えているようですね。
でも、朝食抜きは肥満や便秘の原因になることをご存知ですか。
前日の夕食から朝食を抜いて昼食まで何も食べずにいると、昼食の際に血糖値が急激に上昇し、糖の吸収率が必要以上に上がり脂肪が蓄積されやすくなります。
また、一度、血糖値が急激に上昇すると、2、3時間後には急低下し、脳が激しく空腹信号を送ってしまいます。
そして何か甘いものを・・・と一口。
すると、また血糖値が急上昇!

つまり、朝食を抜くことで、血糖値の急上昇と急降下が繰りかえされるようになるのです。
そしてこれが習慣となると、網の機能が乱れ、つねに空腹信号やインスリンを分泌するようになり、過食症や肥満になる恐れが高まります。

アンチエイジングや脳にも、いいことだらけの朝食

朝食は脳や内臓にとっても素晴らしい効能をもち、いつまでも若々しい体に導いてくれる食事でもあります。

まず、朝食を食べると、脳が目覚めて活動的に1日を始めることができます。
そして、太りにくく痩せやすくなるエネルギー消費DIT(食事誘発性熱生産)も高まり、基礎代謝がアップします。
内臓を温め、腸も活動的になるので、便秘になることも少なくなります。

特に朝食には、良質なタンパク質、脂肪や糖質、発酵食品を含んだバランスの良いものを摂るようにしてくださいね。

ホットトーグルトがおすすめ

ヨーグルトの乳酸菌は冷蔵庫の温度で歯冬眠状態。
500Wの電子レンジで50秒チンし40度くらいにすると腸内で活発に働きます。
玄米グラノーラやフレークを入れるのもおすすめ!

「ダイエットのために食事制限している」実はそれダメ!

摂取カロリーを減らすと太る?

食べなければ太らないと食事制限でダイエットを行っている人はいませんか?

実は、摂取カロリーを減らすダイエットは痩せるどころか太る原因になります。
さらに実年齢+5~10歳の老け顔にもなってしまうかもしれません。

この摂取カロリーを減らすダイエットは、最初はガクンと体重が落ちます。
でもそのあと、必ず落ちなくなってしまいます。

その原因は、脂肪と同時に筋肉も痩せてしまうことにあります。
すると基礎代謝が落ちてしまい、少ししか食べていないのに太る、という悪夢のような体質になってしまうのです。

さらに食事制限は、脳がストレスホルモンを大量分泌させます。
ドカ食い衝動が起こり、脂肪が蓄積しやすくなるなど、どんどん肥満体質に導かれていくことでしょう。

魅力的どころか、老け顔になる

痩せたら、今より魅力的にみえる!と考えている人も多いでしょう。
ですが、食べないダイエットは、筋肉が落ち、シワが増えてげっそり、肌も髪もカサカサになるので、魅力的どころか実年齢よりも老けてみられるようになります。
ホルモンバランスも乱れるため、女性は婦人科系の病気になる可能性も高くなってしまいます。

大人になったら、痩せている方が魅力的だというのは間違いです。
少々ぽっちゃりでも、ハツラツとした潤いのあるボディの持ち主こそ、美しく魅力的に見えると思いませんか?

摂取カロリーを減らすと太る理由は

摂取カロリーを減らすと、脂肪と同時に筋肉が痩せると同時に、脳がストレスホルモンを分泌させ「飢餓状態」と認識します。
そうすると基礎代謝が落ちて、防衛本能が働き脂肪が蓄積しやすくなります。
そのため、痩せにくく太りやすい体質になるのです!

「小顔セルフケアを毎日やっている」実はそれダメ!

顔ヨガ、マッサージはシワの原因に?!

ちまたには、話題の顔ヨガやマッサージなど、小顔セルフケア法が溢れていますが、これらは逆に肌があるみ、老け顔になるばかりです。
今すぐやめてください。

顔ヨガは、顔の筋肉を鍛えてリフトアップするという理論のものです。
でも、下側にたるむ方向に効果のある筋肉を同時に鍛えてしまうことで、たるみになります。
また、表情を思いっ切り動かすときにできるシワは形状記憶され、おでこやほうれい線には深いシワが入ったままになってしまいます。

そして、小顔マッサージは、顔の筋肉をほぐしてリンパの流れをよくし、老廃物やむくみを改善する、というものです。
たしかに、リンパが流れると顔がすっきりします。

ところが、プロの手による施術ではなく、素人が気になる部分を強く押したり、ぐりぐりと押し上げたりするなど強い刺激を与え続けてしまうと、顔の張りや弾力を支えている肌の真皮層が必要以上のダメージを受け、シミやシワを引き起こす原因になってしまいます。

マッサージを行うときの注意点

自分でリンパマッサージするときは、赤ちゃんを優しくなでるイメージでクリームやオイルをたっぷりと使うことが大切です。
浅層のリンパは、肌のすぐ下を通っているので、流すためにぐりぐりと強い刺激を与える必要はありません。
顔の中心から耳下のリンパの出口に向かって優しくさわっているかいないかわからない程度のマッサージをしてあげましょう。

「パソコンにゲーム インドア派なので日焼けの心配なし」実はそれダメ!

スマホを使うとシミだらけになる?

外出するときは、日焼け止めや日傘で紫外線対策を万全にしているのに、なぜかシミやシワができてしまう。という人は「スマホ焼け」が疑われます。
じつは、紫外線だけでなく、スマホやパソコンの光でも肌シミができてしまうことがわかったのです。

その原因はスマホやパソコンが発する「ブルーライト」にあります。
ブルーライトとは、人の目で見ることのできる可視光線のひとつで、紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)に続き、第三の紫外線とも呼ばれている紫外線に最も近い光のことです。
なかでも、使用時間が長く、顔に近づけて使うスマホは、ダイレクトに顔の肌に影響を与え、スマホ焼けとも言われるシミをつくりだします。
ダメージを与え続ければ、しわやくすみなど肌老化を加速させることにも繋がります。

ブルーライトから肌を守ろう

ブルーライトは、普通の日焼け止めではカットすることができません。
専用の対策をする必要があります。

たとえば、ディスプレイの明るさをなるべく下げる、ブルーライト対策眼鏡やパソコンやスマホの液晶画面に対策フィルムを貼るなどです。
最近では、ブルーライトをカットする日焼け止めクリームも販売されていますので、肌に合うようであれば利用してもいいでしょう。
就寝前にベッドで何時間もスマホを見ているだけでシミができてしまうなんて、絶対に避けたいですね。
是非、紫外線ケアと同時に、ブルーライトケアも徹底して、若々しい美肌を保つようにしてください。

ルテインで有害な光をブロック

かぼちゃやブロッコリー、ニンジン、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれているルテインには、有害なブルーライトから目や肌の健康を守る効果があります。

「スリムになりたくてジョギングを始めたが冬はマフラーが必要だ」実はそれダメ!

マフラーをすると太りやすくなる?!

冬場はストールやマフラー、タートルネックなどを着用している人がとても多いですね。
しかし、これらはせっかくの痩せ体質になるチャンスを遠ざけてしまうファッションアイテムといえます。

あなたはダイエットを成功させる強い味方、褐色脂肪細胞をご存知でしょうか。
褐色脂肪細胞とは、首、鎖骨、わきの下、肩甲骨にかけて広がるように存在している特殊な脂肪細胞のことです。
成人だと40グラムほどしかついていない貴重な細胞です。
体内でヒーターのように熱を発し、基礎代謝をあげて、肥満の原因となる白色脂肪細胞を燃焼させてくれるありがたい細胞なのです。

この褐色脂肪細胞を活性化させるためには、寒い環境や冷やすことがとても有効です。
つまり冬場こそ、痩せ体質に変わるチャンスというわけですね。

夏場はペットボトルを凍らせて

褐色脂肪細胞への刺激は続けることが大切です。
暑い日は、ペットボトルでセルフケアしましょう。

方法は簡単です。
まず、300mlもしくは500mlのペットボトルに8分目まで水を入れ、冷凍庫で凍らせます。
それを鎖骨あたりから首にかけて、気持ちいいと感じる程度の強さで当てていくだけです。
左右まんべんなく行ってください。
ひんやりと気持ちよく感じながら、消費カロリーをアップさせて、痩せ体質になりましょう。

「くびれを作りたいから腹筋運動をしている」実はそれダメ!

腹筋運動をしてもお腹は凹まない!

「ダイエットのために運動を」といいますと、まず一番気になるお腹を凹ませるために「腹筋」を始める人が多いのではないでしょうか。
驚かれるかもしれませんが、この腹筋運動は、お腹を凹ませるどころか、ダイエットには向いていない運動なのです。

お腹を凹ませたい人の多くが、お腹の出ている原因をお腹の筋肉がなくなったからではなく、内臓の脂肪にあることをご存じないかもそれません。
この内臓脂肪を減らすためのは有酸素運動によって脂肪を燃焼させなくてはなりません。

そして効率のよい脂肪燃焼を行うには、全身の筋肉量を増やすことが重要で、それは腹筋運動だけでなく、全身の筋肉量を増やす運動をしなければ内臓脂肪、すなわちお腹を凹ませることはできないのです。

そもそも、腹筋を10回したときの消費カロリーは人によって多少違いはありますが、およそ7キロカロリー程度しかありません。
あまりにもダイエットには非効率ですね。

ステキなウエストラインを目指すには

美しいくびれを望みたいのであれば、お腹の前面の腹直筋を鍛えるよりも、ウエストを引き締め、内臓を支えてくれるインナーマッスルの代表ともいうべき腹横筋を鍛えましょう。
鍛えることで、ぽっこりお腹を解消し、細いウエストと便秘解消効果も得ることができます。
次のポイントを参考に通勤中やオフィスでこっそりと鍛えちゃいましょう。

いつでもどこでも鍛えられる

腹横筋腹腰筋は、お腹をへこませるだけで鍛えることができます。
やり方は、呼吸を止めないようにお腹を思い切りへこませて30秒キープ。
これを1日数回行うだけです。

「化粧をおとすとき美顔マッサージをしている」実はそれダメ!

クレンジング剤でマッサージすると肌老化を起こす?!

メイク落としの洗い流しは、当然シミやシワなど肌トラブルの原因になります。
だからと言って、強力なオイルやリキッドタイプのクレンジング剤を使い、肌に負担がかかってしまっては本末転倒ですね。
さらに、このクレンジング剤で肌のマッサージをする人もいるようですが、それは、美肌どころか肌荒れや肌老化を招く最悪のケア方法です。

クレンジング剤の多くは、油分と界面活性剤が主成分です。
そのどちらの成分も肌への負担が大きく、長く使うことなどで悪影響を及ぼします。
ですから、クレンジング剤でマッサージなどもってのほかです。
落としたメイク剤やそれに付着した埃や汚れなどで肌を傷つけることにもなってしまいます。
クレンジングは肌ダメージを少なくするために、とにかくスピーディーに行う必要があるのです。

1分以内で終わらせて、ダメージを最小限に

理想的なクレンジングは、1分以内で終わらせることです。
そしてクレンジング剤の種類は、ミルクやクリームタイプが比較的に優しいのでおすすめします。
手に適量取って、優しくメイクをなじませ、ぬるま湯で洗い流しましょう。
タオルで水気を拭き取るときも、刺激にならないように優しくおさえるように行ってください。

ちなみに、メイク落としで一番肌に負担が大きいのは、拭き取りタイプです。
こすって落とす際に、シミやシワの原因になります。
避けた方がいいでしょう。

肌に優しいクレンジングの手順

  1. クレンジング剤はミルクやクリームタイプを使う。
    オイルは肌への負担が大!
  2. きれいに洗った清潔な手に、適量を取る。
  3. ぬるま湯で少しずつ洗い流す。
    ゴシゴシこすらないように注意。
  4. タオルで優しくおさえるようにして水気を拭き取る。

「洗顔後は化粧水をたっぷり使い、乾燥を防ぐ」実はそれダメ!

化粧水の使いすぎは、乾燥肌になる?

洗顔後、まず一番につける化粧水。
肌の潤いのためにと、ジャブジャブとたっぷりつけていませんか。
また乾燥が気になる部分に、重ねづけをしていませんか。

このような化粧水のつけ方は、続けることで肌の乾燥を逆にどんどん進めてしまいます。

化粧水の成分のほとんどが水分です。
水分はすべて肌の奥まで浸透しないため、つけたてはしっとりしたように思えても、時間とともに蒸発してしまいます。
要するに、化粧水自体に、肌のうるおいを守る効果はないのです。

それなのにジャブジャブと贅沢に使うことで、もともと肌が保持していた水分も一緒に蒸発させてしまう可能性もあります。
健やかだった肌が乾燥肌になる恐れが大なのです。

ほかにも、化粧水をコットンでパッティングするのもNGです。
コットンは水を含むと硬くなるため、繊維が刺激になり、色素沈着やシミ、赤ら顔になる可能性が高くなってしまいます。

正しい化粧水のつけ方は?

化粧水は、手のひらに少量ずつ取り、肌の様子を見ながらなじませるようにしましょう。
そして、温めた手のひらで頬を包み込むようになじませ、指腹をつかって、目元、口元、鼻、鼻筋、おでこにひろげていきます。

あとは、ヒアルロン酸などの水分含有力があるものや角質細胞の間にあるセラミドなどを含んだ美容液などを重ねるとうるおい肌に効果的です。

乾燥しやすい場所から順に

乾燥しやすい目元からつけ始めて、乾燥しにくいおでこを最後にします。
なお、顔の中でも目の周りは皮膚が薄いため、特にやさしくなじませるように気をつけましょう。

乾燥肌を防ぐ強い味方、プラセンタ

化粧水など身体の外側から乾燥を防ぐのも大切ですが、体の内側から乾燥を防ぐことは、もっと大切です。

そのためには、プラセンタなどの、保水成分、セラミド、ヒアルロン酸などが多く含まれているサプリメントを摂ることもお勧めできます。

体の外からは化粧水、体の中からプラセンタでお肌に潤いを与えてください。