「夜中に2回以上トイレに行くが、歳なので仕方がない」実はそれダメ!

頻尿は加齢のせいじゃない!

頻尿とは、文字道りトイレで用を足したくなる頻度が増える症状のこと。
一般的には1日に8回以上、就寝中に2回以上トイレに行く人は、頻尿と判断してもいいまもしれません。

頻尿の傾向にある人は「加齢によってなるというから、仕方がない」などと諦めていませんか?
しかし、頻尿の原因は加齢だけとは限りません。

頻尿の症状が出る病気に、過活動膀胱があります。
これは膀胱に尿が溜まっていないのに、排尿筋が過剰に収縮して尿がしたくなってしまうという病気です。
日本では800万人以上の男女が罹患しており、加齢だけでなく脳卒中、パーキンソン病、前立腺肥大など、さまざまな病気が原因で発症しています。
ですから頻尿を加齢のせいと決めつけて、放置してはいけません。

特に女性は要注意

特に女性の場合には「骨盤臓器脱」という病気が原因となって頻尿となるケースもあります。
女性の骨盤は骨盤底筋と呼ばれる筋肉に支えられているのですが、これが緩んだ結果、支えきれなくなった膀胱や子宮、直腸などといった臓器が少しずつ下がり、膣から体外に出てしまうのです。

出産を経験した女性であれば誰でもなり得るほか、肥満や便秘に苦しんでいる人が、排便時にいきんだところ、この症状を起こしてしまうというケースもあります。

頻尿を放置すると、日常生活に支障をきたしてしまいます。
心当たりのある人は、すぐにでも病院を受診しましょう。

頻尿の原因として考えられることはさまざま

  • 加齢
  • 過活動膀胱
  • ストレス
  • その他の病気(膀胱炎、糖尿病、腎臓疾患など)
  • 男性の場合・・・前立腺肥大
  • 女性の場合・・・骨盤底筋の緩み、妊娠

「健康長寿のためにBMI20以下を目指している」実はそれダメ!

痩せすぎは早死にする?

メタボに対する関心が高まった結果「太っていると健康長寿でいられない!」という思い込みを多くの人が持ち、体重過多を気にするようになりました。これは間違いではないのですが、「やせなきゃだめ!」、「痩せていないと病気になる!」と、過剰な体重制限をする人が増えてしまうのは困りものです。

なにがなんでも、痩せればいいというわけではありません。
実は、健康長寿でいられる体型は「太り気味」なんです!

2009年、東北大学の研究チームが宮城県内の40歳~79歳の男女約4万5000人を調査し、体型と余命の関係を調べた結果を公表しました。
するとBMI値が25~30の小太り体型の人が一番長生きできたのです。

この調査と同時期に厚生労働省研究班が約5万人を対象に調査を行った結果でも体型と余命の関係は同様でした。

痩せていると長生きできない!

これら2つの調査結果は男女とも「太り気味」が最も長命でした。
そして「普通」「肥満」「やせ」の順で続きました。
なんと、痩せている人は肥満の人よりも平均寿命が短いというのです。
痩せている人は小太りの人に比べて疲れやすく、免疫力が弱いということがわかりました。

健康な細胞膜や各種ホルモン、ビタミンDを作るためには、毛中のコレステロールが不可欠。
過度な脂肪は長生きの役に立ちます。
もちろん、太り過ぎはいけません。
程々の体重を維持したほうがよさそうです。

BMIと40歳からの余命の関係

長生きの順位 BMI 厚生労働省研究班 東北大学研究チーム
1.太り気味 25以上30未満 男性41.64歳、女性48.05歳 男性40.5歳、女性47.0歳
2.普通 18.5以上25未満 男性39.94歳、女性47.97歳 男性38.7歳、女性46.3歳
3.肥満 30以上 男性39.41歳、女性46.02歳 男性37.9歳、女性44.9歳
4.やせ 18.5未満 男性34.54歳、女性41.79歳 男性33.8歳、女性41.1歳

「二日酔いの時こそシジミの味噌汁は欠かせない」実はそれダメ!

シジミは二日酔いに効果がない?!

二日酔いにはシジミがいちばん!
深酒の翌日のシジミ入りの味噌汁は、まさに五臓六腑に染み渡る・・・といった感覚をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

たしかに、シジミは必須アミノ酸やビタミンB12のほか、カルシウム、鉄分などが含まれた、非常に栄養価の高い食品です。
そして、シジミに含まれているオルニチンという栄養素は、お酒の飲み過ぎなどでダメージを受けた肝臓の機能を高める効果があるとされていました。
みなさんも一度はきいたことがあるのではないでしょうか。

しかし、最近の研究でオルニチンのアルコール代謝についての変化は、ほとんど生じなかったという結果が報告されています。
そもそも1杯の味噌汁に入るシジミの摂取量では、とうてい二日酔い改善には至らないかとも思えます。

シジミの大量摂取は、肝臓に悪影響?

人のアルコール分解能力は個人差があります。
二日酔いの症状も頭が痛い、気持ちが悪い、吐き気など様々です。
それらのすべてにオルニチンが症状緩和に効果があるとは思えません。
ただ、シジミが二日酔いの症状改善に効くという実感があなたにあれば、プラシーボ(偽薬)効果の可能性があります。
それは利用したほうがいいでしょう。
注意したいのは、シジミに豊富な鉄分は、摂り過ぎると肝臓に蓄積してしまい悪影響を与えると言われている点。
特に男性の方々は、くれぐれも毎日の大量摂取はしないようにお願いします。

休肝日が大切!

二日酔いをするほど飲み過ぎてしまったら、中三日の休肝日を設けて下さい。
過度なお酒は健康の観点からも悪くありませんが、肝臓に過度の負担をかけるのはご法度です。

「翌日のゴルフが楽しみで、前の晩よく眠れない」実はそれダメ!

早朝ゴルフは心筋梗塞、突然死の原因になる!

ゴルフのラウンド中に倒れて、救急車で病院に運ばれる・・・。
ゴルフを嗜まれている方であれば、一度は聞いたことがある恐ろしいウワサではないでしょうか。

多忙な毎日を送る働き盛りの方が、プレーすることの多いゴルフ。
商談や接待などに利用する場合も多いことでしょう。
しかし、ある調査によりますと、ゴルフ中に年間150~200人もの突然死が起こっているといった報告もあり、決して他人事ではありません。

そこで本当に気をつけなければならないのが、睡眠不足の翌日の早朝ゴルフ。
前出のような心筋梗塞などでの突然死が非常に多く、高血圧症、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの因子を持つ方は、起床後2~3時間の間、特に注意が必要です。

ゴルフ前夜、ゴルフ場で気をつけること

ゴルフ中は動脈硬化が進んでいる人などが、脳梗塞でや心筋梗塞、狭心症などに見舞われることもあります。
ゴルフで最初のドライバーを打つ時、または第1ホールでのパターなど、人は緊張するとアドレンリンなどが分泌され、血圧が上昇し、心拍数も高くなります。
そのようなときに発作を起こす場合が多いという報告もあります。
さらに、夏季のゴルフでは、脱水によって血液の粘度が増し、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険性も高くなります。

前日の睡眠不足、前夜の深酒は必ず避け、プレー中は水分補給を忘れずに行って事故を防ぐようにしましょう。

緊張しないゴルフのススメ

ゴルフ場での突然死は昔からあったらしく、アメリカの元大統領アイゼンハワーの主治医が「パットをしないゴルフ」を提唱し、現在もアイク・ルールとして存在します。

「平日の睡眠不足は休日の寝だめでスッキリ」実はそれダメ!

寝だめはしても無駄!

1週間働き詰めで多忙な日々を送り、ようやく休日を迎えた朝は、不足した睡眠を補おうとおもいっきり朝寝坊する人はたくさんいることでしょう。
でも、このような日々の睡眠不足を補う寝だめは、脳の認知機能を回復させることが難しいことが明らかになっています。

ということは、睡眠不足は解消されず、ストレスも蓄積されたままになってしまうということです。

そうならないための手段を説明しましょう。

まず、もし寝だめ、つまり睡眠時間を長くしたいときには、起床時間を変えずに就寝時間を早めるようにしてみてください。
そうすることで自律神経のバランスを整える体内時計を狂わすことなく、睡眠時間を増やすことができます。

でも早く眠ることがスケジュール的に困難だという方は、15~30分くらいの昼寝(仮眠)を実行してください。
最近では、仕事の効率を上げるために会社ぐるみで昼寝をしている(シエスタ制度)企業もあるくらいなんですよ。

昼寝の前にはカフェイン飲料を

うまく仮眠をするコツは、昼食後など、少し眠りたいなと感じた時に行うことです。
その時は、カフェイン飲料を、可能であればミルク(トリプトファン)入りで、眠る前に飲んでください。
たとえ眠り過ぎたとしても30分くらいでカフェインの覚醒効果で目が覚めるはずです。

「擦り傷・切り傷は治るまでずっと消毒する」実はそれダメ!

擦り傷・切り傷は消毒すると痕が残る?!

皆さんは、ちょっとした擦り傷や浅い切り傷で、液体消毒液や傷口を乾燥させる薬を使っていませんか?
薬局などでは、未だに売っているので仕方ありませんが、やめたほうが傷の治りも早く、傷跡も残りにくくなるでしょう。

擦り傷や浅い切り傷を負うと、黴菌などによる化膿をさけるために消毒をしたくなるのはわかります。

でも、健康な人には自然治癒力が備わっています。
傷口の皮膚から出る浸出液は組織を再生させるために必要な白血球や線維芽細胞、毛細血管を作る血管内皮細胞などの成分がたっぷりと含まれています。
また、皮膚に常在菌として棲んでいる体に無害な菌が傷口を再生させるために働いてくれます。

ですから、消毒液は本来必要ではありません。
使用することで浸出液や菌まで殺菌してしまい、完治が遠のくことになるのです。

消毒はしない、ではどうすればいいのか

まず、傷口を水道水でよく洗ってください。
これは、黴菌を防ぐのではなく傷に着いたゴミなどを洗い流すためです。
消毒はしません。
その後は傷口をラップで覆い、巻いてください。
ラップはご家庭で使うもので構いません。
もし、傷口が傷むようであれば、ワセリンを塗ってからラップを巻くようにしてください。

最近では傷口を乾燥させない「湿潤」に対応した絆創膏もありますので、そちらもおすすめです。

「平日にストレスが溜まりやすいので休日は部屋でゴロゴロしている」実はそれダメ!

疲れたときは休んじゃダメ!

そもそも「疲れ」とはいったいどのようなことを指すのでしょう。

疲労とは、すなわち精神的、肉体的な負荷が継続して加えられることによって、本来の機能が一時的に低下したことで変調をきたすこと、といえますが、なにかピンときませんね。

疲れによって現れるその倦怠感、不快感、脱力感などの自覚症状は個人差がとても大きく感じ方が違うため、疲労を回復させるための手段は千差万別ともいえます。

でも、これだけはいえます。
疲労回復のためには、ただ休むのではなく、疲労を理解して効果的な方法で回復させなくてはならないということです。

ストレスや脳の疲れと肉体の疲れ

就職や転職などで環境が急変し、人間関係や仕事の悩みでのストレス疲れには、休みの日にゴロゴロしているだけでは疲労は回復しません。
このようなとき、肉体的に疲れていなければ、一定のリズムで体を動かす運動をしてみてください。
幸福感をもたらすエンドルフィンや精神安定を促すセロトニンなどのホルモンが分泌され、小さな悩みは解消されるでしょう。

また肉体的疲労の場合も疲労回復法として、「精神的休養」というものがあります。
これは、スポーツ選手の間では当たり前ことなのですが、スポーツ後、すぐに休むのではなく、軽めの運動をすることで疲労回復を早める方法です。

運動の疲労回復効果

  • 酸素の供給量が増加
  • 血流が増加する
  • エンドルフィン(脳内物質)が分泌され、前向きになる
  • セロトニンが分泌され、心身が安定する
  • 成長ホルモンが分泌され、若返りする
  • ストレスホルモンが減少、ストレスが解消する
  • 快眠効果
  • 食欲増進

「ストレスのない生活が長生きの秘訣だ!」実はそれダメ!

ストレスフリーは体に悪影響を及ぼす?!

最近では、ストレスが体の免疫力を下げ、がんや生活習慣病を引き起こす諸悪の根源だ!
などと特にストレスのことを揶揄する風潮がありますが、実はこのストレスに、「よいストレス」があることをごぞんじでしょうか。

ひと口でいえば、このよいストレスとは、日々の充実感や達成感、満足感を感じ、自分を成長させることができるストレスのことです。

たとえば、仕事や勉強などでノルマがあっても、それは意欲ややる気を引き出し、チャレンジするモチベーションとなり、目標をクリアすることで、達成感を得られます。
身体中が喜びに満ち溢れ、免疫力も高くなり健康な生活を送ることができるのです。
夏の暑さも、いい汗をかいて爽快感を味わうことができればそれはいいストレスです。
でも、いつもエアコンの効いた快適な室温の部屋にいるばかりでは、体温調整能力が下がってしまい、それが悪いストレスになりかねません。

過度なストレスは、自律神経を刺激し、心身ともに健康な状態を引き出してくれるのです。

過度のストレスは必ず避けるようにしたい

ただし、過剰な仕事量や劣悪な環境はやはり悪いストレスでしょう。
交感神経と副交感神経のバランスも崩れ、心身の健康を維持することが難しくなってしまいます。
過労死なんて本当にバカバカしいこと。
自己を追い詰めるようなことは絶対にやめ、その前に回避するようにしましょう。

考えすぎるのはマイナス!

「病気の原因になるから」とストレスを過剰に恐れる人は病気になりやすい傾向があります。
反対に「ストレスを乗り越えよう」と考える人は、免疫力が高くなります。
ポジティブにね!

「通勤は通い慣れた同じ道を必ず通る」実はそれダメ!

ルーティンワークは認知症になる?

ラグビーの五郎丸さんや野球のイチローさんの大活躍で、私たちもルーティンという言葉をよく使うようになりましたね。
でも、そのようなアスリートの儀礼的なルーティンではなく、私たちが毎日行っている習慣の中で、いつも同じ道順や会社や散歩に行くことや朝起きてから外出するまでの行為がいつも一緒だというように、毎日同じルーティンを行っている方は、脳がその行動に慣れてしまい、活動が鈍り、思考停止状態に陥ってしまっているかもしれません。
それは、認知症やアルツハイマー病に発展してしまう恐れがあります。

たとえば、「会話中、人の名前がなかなか出てこない」、「何度も同じ話をしてしまう」、「簡単な漢字がすぐ思い浮かばない、計算がおっくだ」といったことは思い当たりませんか?

いくつになっても、ときめく心が必要

そのような場合どうすればいいのか。
すぐできることは、いつもの通勤、通学、散歩ルートを少しでもおおので変えてみてください。
また、朝の支度の順番を毎日変える、新しい趣味を始めるなど脳に刺激を与えるような行動をとってみてください。
今まで経験したことのないようなことにチャレンジすることが大切です。
するとマンネリ化された脳がどんどん活性化するはずです。

ちなみに、脳の活性化、認知症などの予防に一番いいとされるのは、新しい恋を見つけるなど「ときめく心」を持つことなんですよ。

「冬は寝室を十分に温めてから就寝する」実はそれダメ!

暖かい部屋で眠ると不眠症になる!

赤ちゃんの手は眠たくなると暖かくなりますよね。
大人も同様に眠たくなってくると手が温かくなります。
これはどういう体の仕組みが働いているのかご存知でしょうか。

これは、体が眠るための準備をすることで起こる現象で、手や体を温めることが入眠を誘うものではありません。

人の体温は、体の表面の温度と内部の温度に分かれ、内部の体温を「深部体温」と呼びます。深部体温は、昼間高く、夜間は低くなるといったリズムを持ち、睡眠と密接に繋がっています(夜は深部体温が下がり、やがて朝に向かって深部体温は上がりはじめ、目覚めるといった具合)。赤ちゃんの手が眠たいときに温かくなるのは、深部体温を下げるために熱を放出しているからなのです。

体の表面を温めることによって深部体温を下げる

つまり、体を温めることが深い眠りを誘うのではなく、深部体温を下げることによって眠れるようになるのです。
ということは、深く良質な睡眠のためには部屋の温度を下げる必要があるということです。

深部体温が下がった状態での睡眠は、深い眠りが約束され成長ホルモンの分泌が盛んになります。
夜中に何度も目を覚ますようなことも少なくなるはずです。
それには、就寝1~2時間前の39度前後の水素風呂(マルーン)や軽いストレッチなどの運動が効果的です。
体の表面温度を上げることで、深部体温が下がりやすくなります。
今晩からでも試してみてはどうでしょうか。

深い眠りのための室内温度

27~28度 寝床内→33度
18~20度

湿度は夏冬ともに50~60%
※室温をエアコンなどで上記のように保つとふとんの中は33度くらいになるでしょう。体温よりも下げることがポイントです。

「プールから上がったら水道水で目を洗う」実はそれダメ!

水泳後、目を洗うとドライアイになる!

プールで泳いだ後、いまだに目を洗っている人はどのくらいいるでしょう。
最近では学校のプールに、昔よく見かけた水道の蛇口がUの字型で上になっている専用の洗い場はありません。
その代わり、児童や生徒のほとんどがゴーグルを使用しています。

ただ、昔の習慣で今でも水道水で目を洗う人は、注意が必要ですね。
水道水で洗眼するのは、かえって目に障害を与えてしまう危険があることがわかっています。
絶対にやめてください!

なぜ、そのようなことになるかといえば、まず、塩素が含まれる水道水で目を洗うことによって、目の表面を保護し、角膜に接しているムチンという物質が洗い流されてしまいます。
すると、角膜を守ることがなにもなくなり、ドライアイはもとより、角膜が傷ついてしまう可能性が高まることに。

ムチンは涙を目の表面に止める働きがあります。
そして、涙の層の上には若干の油分の層があり、洗眼をするとこれら全てが水道水で流されてしまうわけです。

ゴーグルの使用が現在の常識に

でも、とくに室内プールでは塩素系消毒薬を使用することが多く、水中で目を開けることで角膜を守っているムチンなどが破壊されてしまいます。

プールに入るときは、目を開ける訓練はゴーグルの使用をおすすめします。
また、プール後に涙成分配合の目薬もおすすめします。

涙の主な働き

  • 鮮明な像を結べるように角膜の表面を滑らかに保つ。細菌の侵入、感染を防ぐ
  • 目の表面を守り、乾燥を防ぐ
  • ゴミやほこりを洗い流す
  • 角膜に酸素や栄養を届ける