「風邪を引いたらすぐに薬を飲む」実はそれダメ!

風邪薬を飲むといつまでも治らない?

今年の冬も風邪が猛威を振るっているようですが、みなさんは、風邪を引いたときにどのような治療をしていますか。
風邪を引いたら、取りあえず市販薬を購入して飲まれる方。
また病院に行き風邪の症状を伝え、薬を処方してもらい、飲まれている方などでしょうか。

でも、市販薬や医師に処方してもらう風邪薬はできれば飲まないようにしてください。
もし、そのような行為をすれば、風邪は完治どころか、悪化させてしまう結果になりかねないからです。
風邪の特効薬は存在しません!
市販薬や医師から処方されるものはすべて「風邪の諸症状を一時的にやわらげる効果が見込めるだけの薬」です(市販薬は、咳、発熱、のどの痛み、鼻水など風邪の主な症状を抑える成分が少しずつひとつになったもの。また医師が処方する薬は、症状別になっています)。

風邪の負のスパイラルとは?

これらの薬は、飲むと風邪の症状はしばらく収まるかもしれませんが、またすぐに素の症状は現れます。
そしてまた症状を抑えるだけの薬を飲む。
この負のスパイラルは、風邪を治すどころか、ずっと体内に風邪のウイルスを留め、悪化させりことになりかねません。

なぜならが風邪の症状のひとつである発熱は、私たちの体内で免疫が働き、白血球がウイルスと戦いやすくしているために起こる症状です。
また咳や鼻水、痰はウイルスを体外に排出しようとしているため。
それらは人にもともと備わっている機能なのです。

ですから、これらの行為(症状)を薬によって止めてしまうことは、風邪のウイルスの味方をしていることに他なりません。
その結果、ウイルスは体内に長く留まるということになってしまうのです。

風邪に薬は必要なし

風邪を引いたときは、とにかく暖かくし、部屋の湿度を高めにしてゆっくりと休むのが一番早い治療法です。

ただし、それは正常な免疫機能が働く人であればこそです。
他の病気がある人や衰弱している人は、必ず病院を受診するようにしてください。

 

「疲労回復のため栄養ドリンクは欠かせない」実はそれダメ!

栄養ドリンクを飲んでも疲労は回復しない!

栄養ドリンクを飲んだことがない人は、あまりいないのではないでしょうか。
それほど、疲労を感じている人が多いのかもしれませんが、残念なお知らせがあります。
実は、栄養ドリンクでは疲労はすぐに回復しません。

もちろん、栄養ドリンクの多くはビタミンB群や生薬などの疲労回復効果の見込める成分が含まれています。
でも、飲んですぐに回復するようなことはないのです。

よく栄養ドリンクを飲んだ後、「すっきりして目が冴えた、元気になったような感覚がする」というのは確かなことですが、これは主にドリンクに含まれているカフェインの覚醒作用や微量のアルコール、問うお分が血糖値を上げる作用によるものなのです。

この感覚が、さも疲労が軽減または取れたような錯覚を生むわけで、騙されてさらに疲労が嵩むようなことをすればかえって過労になり、長期服用は健康を害する恐れもあります。

栄養ドリンクにあまり頼り過ぎるのは、やめておいた方がいいでしょう。

鶏肉を食べて疲労回復

疲労を回復させるためには、もちろん疲労の原因や個人差はありますが、鳥の胸肉が疲労回復効果においては一番です。
鶏肉は、何千キロも不眠不休で飛び続ける渡り鳥の秘密である抗疲労成分のイミダペプチドという成分が牛肉や豚肉よりも2~3倍多く含まれていることがわかっています。

最強の抗疲労成分とは?

長距離を疲れずに飛び続けることができる渡り鳥の羽の付け根から見つかった「イミダペプチド」という疲労回復成分。
カツオやマグロの尾びれからも見つかっています。

「健康診断で高血圧と言われたため、降圧剤を飲むようにした」実はそれダメ!

健康診断の基準値は信じちゃダメ?

毎年、健康診断の結果に一喜一憂している人は多いのではないでしょうか。
健康診断では血圧やBMI、総コレステロールなど判定項目ごとに基準値が決められていますが、それを少しでも超えていると「異常数値かもしれない!」と心配してしまうのは当然のこと。
その不安が原因で体の免疫力を下げてしまっては、何のための検査かわかりません。

そもそもこの基準値は「統一された絶対的な基準」というわけではありません。
複数の学会などが発表した診断基準を健康診断を行う施設によって選んでいるため、それぞれ少しずつ数値が異なる場合も多いのです。

例えば高血圧となる基準値について、日本人間ドック学会は2014年に「147/mmHgを超えたら高血圧」と最新の基準値を発表し推奨しています。
しかし日本高血圧学会は「高血圧の世界的基準は140/mmHg」として真っ向から反論しています。

ある診断施設でアウトだったものが、別の施設で検査した結果セーフになるということがあり得るのです。

チェックするポイントは前回からの変化

では、健康診断に意味がないのかというとそうではありません。
注目するポイントは前回からの変化です。

たとえ血圧やコレステロールが基準値以内だったとしても、前回に比べて大きく増減していた場合は、体の中で大きな変化があったということです。
生活スタイルを見直してください。

健康診断の基準値は施設によって違う

①「147/94mmHgを超えたら高血圧」(日本人間ドック学会による基準値)

②「140/90mmHgを超えたら高血圧」(日本高血圧学会による基準値)

どの基準を採用するかは健康診断を行う施設次第。

「骨粗鬆症の薬を1年以上飲み続けている」実はそれダメ!

骨粗鬆症の薬は、ほとんど効果がない?!

骨密度が低下して骨の強度が弱まり、骨折しやすくなってしまう病気、骨粗鬆症。
いまや50歳以上の女性の3人に1人が骨粗鬆症にかかっているといわれています。

この骨粗鬆症は、何らかの原因で骨の新陳代謝である「骨吸収(古い骨を壊す)」と「骨形成(新しい骨を作る)」のバランスが崩れて、骨形成より骨吸収の速度が早まってしまうために起こる症状のこと。
その治療には、食事療法や運動療法、薬物療法があり、薬物療法では骨吸収を抑制したり骨形成を促進する薬を服用して、治療することが基本ですが、中にはほとんど効果のない薬もあるのです。

たとえば骨吸収を抑制するタイプの治療薬、ビスホスホネート製剤の一種、フォサマックなどは臨床試験の結果「大腿骨骨折のリスクが51%減った」とされています。

効果があるのは100人中ひとりだけ?!

しかし、実際は、約1000人の被験者へ3年間投与を続けた結果、骨折した人が22人から11人に減らせたというだけの内容でした。
つまり、ほぼ100人に1人にしか効果がないという結果です。
薬の効果は、製薬会社がさも有効のように宣伝するもの。
しかし、データをよく調べてみると、数字のトリックで有効に見えるだけという場合もあるのです。

中には処方された薬が効果てきめんな人もいるかもしれませんが、一方では全く無意味な人もいるということを覚えておいた方がよさそうです。

数字のトリックに注意!

「3年間服用を続けた結果、骨折の確立を半分にした」

実態を調べてみると

約1,000人中22人が骨折したところを11人に減らした。
つまり、2.2%の骨折率が1.1%まで下がっただけ!

「2.2%が1.1%になったことを、半分になったと表現しただけ!」

 

「胃がんが怖いのでバリウム検診を毎年行っている」実はそれダメ!

バリウム検診は無駄、しかも腸を傷める?!

胃がん検診のひとつの方法として厚生労働省にも推奨されているバリウム検診。
それだけ信頼性も高いのかと思いきや、実は無意味かつ、とても危険度の高い健診方法といえます。

はっきり言います。
もはやバリウム検診は過去の遺物といえます。
日進月歩の医学発展の中では古い技術なのです。
ですから、がんの発見率は決して高くありません。

さらには、大掛かりな装置を使うためコストがかかる上、健診で使用するバリウムが体内で固まり、腸壁を傷つけてしまうといった事故も報告されています。

WHO(世界保健機関)は、世界の胃がん患者の80%がピロリ菌陽性だと推測され、日本では、広島大学や北海道大学などが検査した結果、日本人の胃がん患者のほぼ99%がピロリ菌陽性でした。

血液検査だけでバリウム検診よりも高い精度?

そこで、おすすめしたいのがピロリ菌の感染の有無や胃粘膜の状態を採血だけで調べる「胃がんリスク検診」です。
極めて高い精度で、しかも簡単に検診が可能です。

また、内視鏡検査もありますが、こちらの精度は当然ながらバリウム検診以上です。

バリウム検診には、放射線の大量被爆という難点もあります。
X線写真を撮影するだけでなく、撮影中も放射能を浴び続けるため、これを「毎年の胃がん検診」に取り入れたら、がんのリスクを高めてしまう恐れも!
要注意です。

 

「薬の処方は必ず安価なジェネリックを要求している」実はそれダメ!

ジェネリック薬品は飲んじゃダメ?!

薬を処方されたとき、薬局でジェネリック薬品の存在をしらされたり、あらかじめアンケートなどでその使用の有無を質問されたりする経験があると思います。
そのようなとき皆さんは安価なジェネリック薬品を選びますか?

ジェネリック薬品が何故安いのかというと、特許期間が終了した新薬の有効成分や製法を利用して、別のメーカーが製造・販売したものだからです。
開発費用が掛からない分、価格を安価にできます。
国も保健医療の財政負担を減らすことに繋がるためジェネリック薬品を推奨しています。

みなさんは、「有効成分が同じであれば、問題ないのでは?」と、お思いになるかもしれません。
しかし、ジェネリック薬品とその元になった新薬は、100%同じものではありません。

似ているが同じ薬ではない!

ジェネリック薬品とそうでない薬では、たとえ主成分や製法が同じでも、含まれている添加物などが異なる場合がほとんどです。
そのため、場合によっては効き目が違う恐れもあります。

新薬の場合、特許期間中20~25年くらい処方され続けてきた実績と信頼性があります。
しかし、ジェネリック薬はそうではありません。
まったく同じ薬ではないため、体への影響も異なります。

「新薬と同じ成分、同じ効果の薬」だと考えて、安易に使うことはおすすめできません。

「目薬をよく薬局で購入している」実はそれダメ!

市販の目薬は目の不調を引き起こす?!

花粉症の時期になると、目薬が手放せないという人も多いのではありませんか?
特に市販の目薬は開封から1か月以上の使用期限があるといわれているため、シーズン中はずっと持ち歩いているという人もいるでしょう。
しかし、市販の目薬は、その便利さが目に悪い影響を与える可能性大です。

市販の目薬は、防腐剤を使用して使用期限を延ばしているものがあります。
防腐剤は雑菌ばかりか目の細胞にとっても刺激が強く、角膜にダメージを与えてしまうことがあるのです。
特にドライアイで涙の量が少ない人やコンタクト使用の人は要注意。
眼球表面に残った目薬の成分が流れにくいため、防腐剤によるダメージを長時間受け続けてしまうことになりかねません。

目の炎症が悪化してしまう!

市販の目薬には、充血を抑える効果を持つ血管収縮剤配合のものがありますが、こちらもおすすめできません。

市販の目薬に含まれているナファゾリン塩酸塩や塩酸テトラヒドロゾリンといった血管収縮効果のある成分には、白目の充血を軽減してくれる効果があります。

しかし、目の炎症や疲れ目で目が充血する理由は、血流を多くして酸素や栄養を目に取り込もうとする自然治癒力の現れです。
それなのに目の血管を収縮させてしまえば、目に酸素や栄養が届かなくなり、炎症や疲れ目が悪化してしまう危険性もあります。
市販の目薬は配合成分を確認して正しく使用してください。

防腐剤の表示に気をつけて

以下3種類の防腐剤が入っていないものを選ぶようにしてください。

  • 塩化ベンザルコニウム
  • ソルビン酸カリウム
  • パラベン

これらは、化粧品にも入っている場合があります。

「風邪をひきたくないので、うがい薬を濃いめに使う」実はそれダメ!

うがい薬は感染症を引き起こす?!

風邪の予防には、うがいと手洗いが効果的だといわれています。
でも、うがいの効果を高めようとしてヨード入りのうがい薬を使ってしまうと逆にウイルスを手助けすることに…。

京都大学保健管理センターの研究に「水でうがいをした人」、「うがい薬を使ってうがいをした人」、「うがいをしない人」それぞれの風邪の発症率を調査したものがあります。
すると最も風邪の発症率が低かったのは水うがいだったのです。

うがい薬使ったグループは、うがいをしない人とあまり変わらないという驚きの結果が報告されています。

水うがいが風邪を予防する理由は、水の流れによってウイルスや、ウイルスに感染しやすくさせる異物(ほこりなど)が洗い流されるからだと考えられます。
前出の研究では水うがいは、風邪の発症率を4割減らすことがわかりました。

うがい薬は常在菌まで殺してしまう!

それでは何故、うがい薬には効果がなかったのか。
それはウイルスだけでななく、のどに棲んでいる常在菌まで攻撃してしまい死滅に追いやってしまったから。
常在菌は外部からのウイルスの侵入を防ぐ役割を果たしていたというわけです。

また、うがい薬には体内の細胞に対する攻撃性もあるため、粘膜を傷めるおそれがあります。
粘膜の細胞に傷がつけば、そこからウイルスが入り込んでしまいかねません!
風邪を予防するなら、水だけでうがいをした方がよさそう?!

うがいと風邪の発症率

水うがいをした人 100人中17.0人
うがいをしない人 100人中26.4人
うがい薬を使った人 100人中23.6人

※京都大学保健管理センター「水うがいで風邪発症率が4割減少」より

「下痢や便秘のときは必ず薬を飲む」実はそれダメ!

下痢止め、便秘薬は飲んじゃダメ!

通勤通学中、電車の中などで急な下痢に襲われる、また、大切な会議や緊張したシーンの前にお腹が痛くなるのは、とても困りますよね。
このようなときは、下痢止めを飲んで症状を抑えたいと思うものですが、細菌やウイルスが原因の下痢の場合は、やめておいた方が無難です。

そもそも下痢は体内の異物を体の外に出そうとする防衛反応です。
そのため下痢を止めてしまうと、症状の原因である菌やウイルスが体内にとどまることになってしまいます。

もしも下痢以外に吐き気や発熱などの症状が出ていた場合は、菌やウイルスが原因の可能性が大です。
素人判断で下痢止めを飲まず早めに病院の診断を受けましょう。

また、激しい下痢が続く場合、注意するべきは脱水症状です。
こまめに水分を摂ることをおすすめします。

便秘薬で便秘が酷くなる危険性あり

下痢とは逆に、便秘薬が欠かせないという人がいますが、もしかするとその便秘の原因は、便秘薬そのものかもしれません。

一般的に使われている便秘薬に刺激性下剤というものがあります。
これは刺激を与えて腸のぜん動運動を活発にさせる作用があるもの。
大腸の働きが弱っている場合には効果を発揮するのですが、長期間服用を続けると耐性ができて効果が現れなくなってしまうのです。
その結果、より強い刺激を与えないと腸が働かなくなってしまうことに。
薬に頼るのではなく、運動や食生活の改善によって腸の状態を改善しましょう。

腸デトックス食材

海藻やきのこの食物繊維は腸内の善玉菌の餌になります。
また、甲殻類に含まれるキチン、キトサンは体内のコレステロールを排出する作用があります。

「胃が弱いので胃薬を毎日飲んでいる」実はそれダメ!

胃薬を飲むと胃を壊し、健康を害する?

胃薬といえば、胃酸を中和させ、胃粘膜を保護する制酸剤や後さん抗酸剤H2ブロッカーのような強烈に胃酸をブロックする成分の配合されたものが多く販売されています。
日本人は世界で一番胃の不調を訴える国民などともいわれていますが、はっきりとした胃の不調の原因が不明にもかかわらず、胃酸を抑える胃薬を医師の処方以外で飲むのは本当に危険です。
習慣になっている人はすぐにやめてください。

胃の不調を訴えるほとんどは「胃もたれ」でしょう。
では、なぜ胃がもたれるかといえば、暴飲暴食、ストレスや過労などが原因になって胃が弱ることで胃酸過多となり起こります。

胃酸は、胃粘膜から1日に1.5~2.5リットルも分泌され、食物を粥状に消化撹拌し、さらに体内に送り込まれる細菌から身を守る大切なものです。

ですから、むやみやたらに胃酸を止めてしまっては、胃の中の殺菌力が低下し、鉄分、カルシウム、マグネシウムの吸収が弱くなってしまいます。
さらに胃の不調を起こし、全身の抵抗力を低下させてしまう原因にもなりかねないのです。

胃薬を使わずに胃を守るには?

胃酸を抑えて胃の調子を整えようとする前に、胃が弱っているとなと感じたら、まず暴飲暴食止めてストレス緩和に努めてください。
食事はよく噛んで食べ、就寝前の3時間以内は何も食べないようにしましょう。
それでも、胃の調子が悪いようであれば、医師の診断を受けるようにしてください。

胃に負担をかけない生活のポント!

  • なるべくストレスを増やさない。
  • よく噛んで食べる。
  • 忙しいときでも朝食は抜かない。
  • 就寝前の3時間以内は何も食べない。
  • お腹いっぱいたべない。
  • お酒を食べすぎない。
  • 添加物を避けて手作りのものを食べる。

「熱が出たら、抗生物質を処方してもらう」実はそれダメ!

抗生物質は飲むと危険?

ペニシリンをはじめとする抗生物質は、人類の平均寿命を延ばしてきました。
かつて不治の病であった数々の感染症、結核、ペスト、チフス、赤痢、コレラなどは、この魔法の薬ともいえる抗生物質によって克服できるようになったのです。
では、このように人類を助けてきた抗生物質を飲むことがなぜ危険なのでしょう。

それは、抗生物質に対抗する耐性菌の出現に関係します。
簡単にいえば、これまで抗生物質の働きで死滅していた細菌が抗生物質の乱用によって耐性を持ってしまい感染症が治らなくなってきているのです。

つまり、何度も戦い耐性を持った菌がまるでポケモンが強くなっていくように、なお一層強靭な細菌に生まれ変わってしまのです。

腸内細菌の善玉菌も死滅させてしまう

一説によりますと、現在使用されている抗生物質の3分の1は役に立たないともいわれています。
それもこれも病気のたびに念のためと処方され、家畜の飼料などにも安易に抗生物質が使われたことが理由かもしれません。

さらに大切なことは、抗生物質を服用することで、私たちの体内の善玉菌など、治療したい病気とは無関係な腸内細菌まで死んでしまうということ。
すると便秘や下痢の症状が現れ、免疫力の低下などをまねき、他の病気に罹患する危険性も高くなることも忘れてはなりません。