「泣くなんてナンセンス失恋したってぐっと我慢」実はそれダメ!

悲しみを我慢すると病気になる!

つらい恋愛に傷ついたとき、思わず涙がこぼれそうになることも。
そんなとき「泣いたら負け!我慢しないと!」なんて、気丈に振る舞う必要はありません。
涙を我慢することは体によくない影響を与えます。

涙には「目を保護するために常に出ている基礎分泌に涙」「刺激を受けた際にでる涙」、「感情の変化によって出る涙」の3種類があります。
アメリカの生化学者ウィリアム・H・フレイ博士の研究によると、基礎分泌や刺激による涙と、感情による涙が違うというのです。

感情によって出る涙にはACTH(副腎皮質刺激ホルモン)やプロラクチン、コルチゾールといったストレスに反応して発生するホルモンが含まれています。
悲しいときに泣くのは、涙と一緒にストレス物質を押し流すためでもあるのです。

泣きたいときは、思い切って泣いて免疫力回復!

悲しいときに涙を流さずに我慢していると、体内にストレス物質が溜まってしまいます。
悲しみや怒りの感情を抑えているとき、体内ではストレスホルモンであるノルアドレナリンやアドレナリンが分泌されるのです。

ストレスが溜まっているとき、人間の体は免疫力がガクンと落ちた状態になってしまいます。
つらいとく涙をがまんしていたせいで病気になってしまったら、泣いてもないのに「泣きっ面にハチ」ですね。
思い切り泣いてストレス物質を追い出し、気持ちを切り替えましょう!

涙でリラックス

よく「笑いには健康効果がある」と言われていますが、涙にも同じような健康効果があります。
泣くことで副交感神経が優位になりリラックス効果が表れるのです。

「夫が浮気しないようにギューギュー縛り付けている」実はそれダメ!

不倫の悪癖は治らない?

不倫をすた夫が「もう二度としない!」と誓ったとして、それを信じ、許すべきではないかもしれません。

ある調査によると、結婚から3年以内に不倫をしてしまう男性は15%にも上るといいます。
また、この内の9割が2年以内にまた不倫をしていたというのです。

そもそも何故、浮気をしてしまう男性がいるのでしょう。
浮気をする理由のひとつに、テストステロンという男性ホルモンがあります。
男性は魅力的な女性を見ると、テストステロンという男性ホルモンの濃度が上昇します。

その結果、性欲や性衝動が高まるのです。
浮気っぽい男性は元々の正確に加えて、この男性ホルモンが出やすいという特徴があるのかもしれません。

男性の不倫を防ぐには

テストステロンは精神的に安定しているときに分泌されにくいのですが、興奮状態にあったり、ストレスが溜まっていたりすると大量に分泌されます。

男性のストレスを減らして心を安定させてあげれば、男性の不倫を防げるかもしれません。

また、幸せホルモンの別名をもつオキシトシンが大量に分泌されている人は、パートナー以外の異性にアプローチされてもなびかないという調査報告もあります。

このオキシトシンは夫婦の会話とスキンシップをすることで増やせます。

「スイーツ女子は女の子らしくてカワイイと思う」実はそれダメ!

スイーツ好きの女性はヒステリック?!

あなたの周囲に「スイーツが大好きで週末は話題のお店に並んでも買いに行く!」という人はいませんか?
男性から見れば「スイーツ好きの女性はなんだか女の子っぽくてカワイイ」なんて思うかもしれません。
でも、甘いものが好きな人の中にはイライラを溜め込みがちな性格の人が少なくないのです!

人間は怒りや悲しみ、強いストレスなどを感じると脳内でセロトニンやβエンドリフィンなど快楽を司る神経伝達物質の分泌量が減ってしまいます。
すると脳はこれらの物質を増加させるために「快楽」を欲します。
その結果、真っ先に体が求めるのが糖分だというわけです。

スイーツでは根本的な解決にならない

事実、砂糖を摂取すると脳内では快楽を司る物質が増加します。
しかし、スイーツで血糖値が急激に上昇すると、血糖値を下げるためのインスリンが大量分泌されます。
そして今度はインスリンを抑制するためのノルアドレナリンなどのストレスホルモンが出てしまいます。
これでは悪循環です。

自分がもしもイライラをスイーツで解消しがちだという場合は、スイーツ以外のストレス発散法を見つけましょう。

結婚してからパートナーが急にスイーツ好きになったという人は要注意。
相手が結婚生活に対して、不満を抱えている恐れがあります!
甘いものをお土産に買ってご機嫌をとるのではなく、話をじっくり聞いてあげたほうがよさそうですよ。

スイーツは実は逆効果?

  1. ストレス解消のためにスイーツを食べる
  2. イライラが一時的に解消される
  3. しかし
  4. 血糖値が急激に上昇すると、血糖値を下げるためにインスリンが大量分泌される
  5. 血糖値が急激に下降するとインスリンを要請するためにストレスホルモンが出る
  6. 血糖値の乱高下はイライラの原因になる!

 

「結婚からずっと朝食はパンとコーヒー」実はそれダメ!

夫婦仲をよくすr秘訣は?

まったく別の環境で育った2人が結婚するわけですから、しばしば意見のすれ違いや食い違いは起こるもの。
ですがそれが日常茶飯事になり、ケンカの絶えない間柄のなると高い確率で離別が訪れてしまうかもしれません。

仲のいい夫婦でいるためには、まずはケンカをしないことがいいでしょう。
ではどうすればいいのか?
それには毎朝、味噌汁を食べるようにする方法がいいようです。

大豆には必須アミノ酸のひとつであるトリプトファンという成分豊富に含まれています。
トリプトファンにはイライラを解消して心を穏やかにする作用があります。
毎朝欠かさず摂ることによって、頭に血が上ってしまいそうな場面でも落ち着いた状態を保ちやすいのです。

夜は納豆を食べて完璧!

納豆もまたトリプトファンをたっぷり含んだ健康食品のひとつです。
夫婦仲を良くするために、こちらも合わせて食生活メニューに取り入れてはいかがでしょうか。

納豆を食べる時間は夜がおすすめです。
納豆のネバネバには血栓融解作用や腸の善玉菌を増やしてくれる酵素、ナットウキナーゼが入っていることはご存じの方も多いと思いますが、この酵素が活発に働くのは食後10~12時間の間。
夕食に食べれば睡眠中に滞りがちな血流をスムーズにしてくれます。

心筋梗塞や脳梗塞のリスクを減らして、夫婦揃って健康長寿を目指してください。

トリプトファンを多く含む食材

  • 大豆
  • そば
  • スパゲティ
  • チーズ
  • 牛や豚のレバー
  • 鶏肉
  • 豚肉
  • マグロ
  • カツオ
  • イカ
  • カニ

「最初のデートはドライブに行く」実はそれダメ!

酔うと相手が魅力的に見える?

付き合って間もない相手とのデート中。
「最初は、お酒を控えた方がいいのかな?」と迷っている人は飲んじゃってください。
俗名ビール・ゴール効果といって、アルコールには異性に対し、寛容な心にさせる効果があり、相手を魅力的に見せる力があると考えられています。

オーストラリア・ボンド大学の心理学者マイケル・リバーブ氏が次のような調査を行いました。
異性の写真を見せて魅力的かどうか点数を答えさせると、酔っていない人のつけた点数の平均が3.26点だったのに対して、ほろ酔い状態の人がつけた平均は4.67点でした。
お酒に酔うと異性が普段よりも魅力的に見えるのかもしれません。
ちなみに泥酔状態になると、この点数は4.50点に減少。
酔いが進み過ぎると異性を気にするどころではなくなってしまうのではないでしょうか。
ほろ酔いにとどめた方が無難かもしれません。

ほどほどなら失態もカバーできる

シラフの場合は見逃してくれないような失態も、お酒を飲んでいればある程度カバーできます。
ふたりの関係に親密さが足りないと感じている人は、お酒の力を借りて急接近してみるのもいいかもしれません。

ただし、これは逆に言えば「そんなに好みじゃないのにお酒のせいで魅力的に見えてしまった」というケースもあり得るということ。
自分の中で評価が微妙な相手には「シラフで話して見極める」というのも大切かもしれませんね。

「出会ってから半年経つけど、まだ告白できない」実はそれダメ!

告白は出会って3ヵ月以内でないと失敗する?!

たとえ好きな人がいても、恋愛に結びつかないという人は、告白を先延ばしにしていることが原因かもしれません。

告白は出会ってから3ヵ月以内にしないと、失敗に終わる可能性が高くなることがわかっています。

北星学園大学の研究によると、男女の告白率は3ヵ月以内が81%と最も高くなり、6ヵ月をすぎると46%に下がることがわかりました。
時間をかけるほど、告白される側から、恋愛対象として見てもらえなくなるのです。

また、告白の成功率を上げるためには、2人で遊びに行く、2人で食事に行く、家に遊びに行くなどの行動が効果的なこともわかっています。
反対に成功率を下げる行動は、個人的な悩みを打ち明けたり、親に紹介すること。
最初から距離を縮めすぎた行動は、相手にとって”重い”と受け取られ、告白が失敗に繋がるでしょう。

告白の成功しやすい時間帯は、午後9時

告白の成功率を上げるためには、その時間帯もカギを握っています。
人には体内時計があり、昼間はストレスホルモン分泌され交感神経が活発になっています。
つまり、戦闘モードになり心にも余裕がないため、告白には適していないといえるのです。
告白は、副交感神経が高まり、心に余裕が生まれる午後9時以降に行ってください。
特に性ホルモン値がピークに達する午後9時がおすすめです。
人恋しいと思う気持ちが高まるため、告白成功の魔法の時間となるでしょう。

告白は場所も決め手になります。

照明の薄暗い場所がおすすめ。
キャンドルなどのほのかな明かりにはリラックス効果があるため、親密なムードになりやすいでしょう。
蛍光灯の光はストレスを高めるためNG。

「恋をするなら情熱的な夏がいい」実はそれダメ!

夏の恋は長続きしない?!

夏イコール恋の季節、というロマンティックな言葉がありま。
長期休暇やお祭りなどイベントが多い夏は、開放感が高まります。

脳内からドーパミンなどの快楽物質が分泌され高揚感が起こるため、人は恋に落ちやすくなるのかもしれません。
でも夏の恋は要注意。
長続きしない可能性があります。

アメリカ・プリンストン大学が行った研究で、男性はビキニ姿を見ると、脳では物体を見ているのと同じ働きをしてしまうことが判明しました。
同様の動きはホームレスや麻薬中毒者を見たときも発生しています。

相手を気づかおうとする脳の働きが低下し、ビキニ姿の女性の思考を想像したくないと判断してしまうというのです。

一夜限りの恋が起きやすくなる理由

アメリカ・テキサス大学の研究によると、男性が短期間の関係を求める場合、女性の体型を重要視し、反対に長期的な関係を求める場合は、女性の顔を重要視するということがわかっています。

一目惚れから始まった恋は長続きしないと言われていますが、夏だけは別。
暑い夏は、どうしても女性の肌の露出が多くなるため、男性は顔よりも体に目が行ってしまうのです。

その結果、体目当てや短期間交際しか望まない男性が、女性に近寄ってきてしまう可能性が高くなってしまうというわけです。

 

「奥さんは美人がいい!そして男の子が欲しい!」実はそれダメ!

美人は女の子を産む確率が高いことが判明!

将来必ず男の子が欲しい、と希望を持っている男性は、一目惚れするような美人との結婚、子作り?はしないほうがいいという研究、調査結果があります。

イギリスのロンドン・スクール・オブ・エコノミクス研究教育機関、カナザワ教授の研究チームによると、美人はそうでもない人よりも女の子を産む確率が高いそうです。
また、アメリカで行われた別の調査でも、美人は平凡な女性よりも子供を産む確率が高く、しかも女の子を産んでいるという報告があります。
理由として、人は心理学上、自分たちの特徴を受け継ぐ子供には、より得をするように遺伝子を残そうとしている、ということが考えられているとか。
そして、女性にとって容姿は男性よりも大切な価値観であり(アメリカの経済学者の調査であ美人の女性はそうでない女性に比べて約8%生涯賃金が多いという結果が出ています)、そのため、自分と同じように得ができるよう、女の子を産むのかもしれません。

男の子が欲しいなら、体が大きく強い女性を

一方で、外見よりも、体の強さに恵まれている両親からは、男の子が生まれる確率が高くなることもわかっています。
これも、体の強さや運動神経などが良いことは男の子の方が得をする、という動物としての本能に基づいた心理が働く結果なのかもしれません。

男の子が欲しいなら、外見よりも体の大きさや強さを重視して結婚相手を選ぶ方がいいかもしれません。

「近ごろ、すっかりキスをしなくなった」実はそれダメ!

キスしなきゃダメ!

世界と比べると日本人のキスの頻度が低いことは、認めざるを得ません。
でもこれ、非常にもったいないことなんです。
キスは、まるで魔法のように私たちに良い効果をもたらしてくれます。

2015年「イグ・ノーベル賞」を受賞した木俣肇博士らの調査によると、キスを30分間行うとアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状が緩和されることが証明されました。
また、別の研究で10秒ほどのフレンチキスで、体内の免疫が活性化することや、長めのキスを3回するだけで痩せる、という驚愕のダイエット効果も報告されています。

さらにキスは、さまざまな病気の原因となるストレスホルモンのコルチゾールを減少させ、幸せホルモンのオキシトシンを分泌させることもアメリカの大学の研究で証明されています。
つまり、キスは愛だけでなく、健康である続けるためにも欠かせない行為でもあったのです。

キスをすると収入も増える?!

カナダの大学の研究によると、出勤前にキスをしてから家を出るカップルは、そうでないカップルにくらべて交通事故にあう確率が低く、寿命は約5年長くなり、収入も25%の高くなっていたというデータが発表されました。
パートナーとの円満で健康、豊かな生活のためにも、日本人だから苦手といわずに、行ってらっしゃいのキスは習慣にした方がよいといえそうですよ。

キスの健康効果

  • β-エンドルフィンを分泌させて精神的な苦痛やストレスを抑える
  • ストレスホルモン、コルチゾールを抑制する
  • 幸せホルモン、オキシトシンを分泌させる
  • 女性ホルモン、エストロゲンを分泌させる
  • ダイエット効果がある
  • 免疫力やアレルギーの耐性が高まる

 

「イクメンこそがイケてる男の代名詞だ!」実はそれダメ!

イクメンは、平均すると2キロ体重増?!

積極的に育児に参加したり、会社で育児休暇をとる男性をイクメンと呼ぶことは、ここ数年ですっかりと定着した感があります。
イクメンの増加は、女性の育児ストレスを軽減し、夫婦関係も良好になるなど、好い事づくし。
ぜひ、張り切って、男性も育児に参加してほしいところなのですが、体重の増加の危険だけはお伝えしたいのです。

アメリカのノースウェスタン大学の医学部で行われた調査によると、子育てをした男性はそうでない男性と比べて約2キロ太ってしまうことがわかりました。

一方で子供が生まれず、子育てを行わなかった男性は、体重は減少傾向にあったとのこ。
体重増加の理由としては、子どものお菓子や食べ残しを食べることや、家族を優先して趣味のスポーツをしなくなることなど。
体重の増加はメタボや高血圧、糖尿病、がんなどのリスクを高めてしまいます。

男性ホルモンの低下もメタボを促進

フィリピンで行われた調査によると、育児に参加した男性は、男性ホルモンであるテストステロンの値が下がることが明らかになっています。
実は、テストステロンの低下とメタボには深い相関関係があります。
体重の増加予防のためには、テストステロンの低下を防ぐことも有効なのです。

テストステロンを分泌させる方法は、たんぱく質や亜鉛を摂ること。
または運動の習慣をつける、質の良い睡眠をとることなどが大切です。

男性ホルモン、テストステロンの働き

  • 筋肉や骨の強さを維持する
  • 性欲や性機能を維持する
  • メタボを予防する
  • 動脈硬化を予防する
  • 認知機能を維持する
  • ヤル気を高める

 

「パートナーと寝室を別々にしている」実はそれダメ!

深刻なコミュニケーション不足に・・・

いびきがうるさい、寝る時間や起きる時間が違う、子供を寝かしつける必要がある、などの理由からパートナーと寝室を別々にする人が増えているといわれています。
でもそのままの状態では離婚の危険性を高めてしまうかもしれません!

ある住宅メーカーが行った寝室についての調査によると、夫婦円満の家庭は寝室を共にしていることが多く、そうでない場合は寝室が別々になっているというのです。

寝室は夫婦の大切なコミュニケーション空間。
別々にすると、すれ違いの原因や別れの原因になるかもしれません。

別れを防止する意外にも、寝室を一緒にすることは多くのメリットがあります。
まず、パートナーと触れ合うことで、ストレスを緩和し幸せな気分をもたらすオキシトシンという幸せホルモンが分泌されます。
幸福感に包まれることで、睡眠の質も向上するでしょう。

一緒に寝ることはメリットがいっぱい

さらに、パートナーと一緒に寝ることは、うつ病や心臓病などさまざまな病気を引き起こすコルチゾールというストレスホルモンを減少させることもわかっています。

ほかにも、脳梗塞や心筋梗塞などは、夜中に起きやすいため、一緒に寝ることで、病気の早期発見に繋がります。
夫婦円満と健康のため、ぜひ同じ寝室で寝るようにしましょう。
別々で寝ている理由がいびきや歯ぎしりであれば、その対策を考えてもいいはずです。

パートナーと寝室が一緒のメリット

  • 幸せホルモン、オキシトシンが分泌されて睡眠の質が向上する
  • コルチゾールというストレスホルモンを減少させて、うつ病や心臓病のリスクを減らす。
  • 脳梗塞や心筋梗塞など重大な病気の早期発見